広島銀行住宅ローン

広島銀行の「無担保住宅ローン」とは?

こちらでは、

 

広島銀行が提供している「無担保住宅ローン」の概要についてご紹介したいと思います。

 

 

無担保住宅ローンは、借り換え時の担保が不要のため担保設定費用がかからない、借り換え専用住宅ローンです。

 

広島銀行では、借り換え専用の住宅ローンとして「プラス700」がありますが、プラス700では融資の対象となる不動産に、ひろぎん保証(株)が第1順位となる抵当権を設定しなければなりません。

 

無担保住宅ローンでは、融資金額の上限を抑えた形にはなりますが、担保設定費用がかからないというメリットがあります。

 

 

無担保住宅ローンの利用条件の多くは「スーパー住宅ローン」と同様です。

 

年齢については、借り入れ時の年齢が満20歳以上満71歳未満で、完済時の年齢が82歳未満の人で、団体信用生命保険への加入や保証会社(ひろぎん保障(株))の保障を受けられる必要があります。

 

無担保住宅ローン独自の利用条件としては、勤続年数が1年以上で、税込年収が300万円以上(自営業者または会社代表者の場合は税込定例年収400万円以上)という制限があります。

 

プラス700の場合には、勤続年数3年以上、税込年収400万円以上という制限ですから、無担保住宅ローンのほうがやや条件が緩くなっています。

 

また、借り換えの対象となる現在借り入れ中の住宅ローンを5年以上正常に返済している必要があります。

 

 

無担保住宅ローンについては、親子リレー返済は認められていませんが、夫婦ペアローンとすることは可能です。

 

夫婦ペアローンの場合、夫婦が同居しており、年齢条件や勤続年数の条件については2人とも満たしており、年収条件については、夫婦合算で条件を満たせばOKです。

 

また、団体信用生命保険については、夫婦のどちらか一方しか加入することができません。

 

逆に言うと、夫婦のどちらかに持病があり団体信用生命保険に加入できない場合でも、夫婦ペアローンとすることで、その人の収入合算した住宅ローンを組むことができます。

 

 

融資金額は、最高1000万円までとなっており、現在借り入れている住宅ローンの返済や借り換えに伴う諸費用(印紙代、担保抹消費用など)に充てることができます。

 

融資金額については、年間の返済額が税込年収の40%以内という制限があります。

 

また、他の金融機関を含む有担保借入金と本ローンの合計額が、ローン債務者の税込年収の6倍以下になっていなければなりません。融資年数は最大15年になっています。

 

現在の住宅ローンの残存期間との関係は、特に明示されていません。

 


住宅ローン審査で悩んでいる方におすすめするリンク集

住宅ローン審査通りやすい銀行は?借りやすい!【基準ゆるい?】
住宅ローン審査に通りやすい銀行探しのお手伝いをします!現在人気の住宅ローンを比較して、審査基準が甘いと言われているおすすめの銀行をご紹介!住宅ローン審査でお悩みの方必見です。
www.jutakuloan-shinsa-toriyasui.com/