広島銀行住宅ローン

広島銀行が提供する「フラット35」ってどんなローン?

こちらでは、

 

広島銀行が提供するフラット35についてご紹介したいと思います。

 

 

広島銀行が提供しているフラット35は、〈ひろぎん〉住宅ローン「フラット35」と名付けられています。

 

フラット35の最大の特徴は、住宅ローンの返済期間中、金利が変化しない超長期固定金利です。

 

 

フラット35は、住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して提供している住宅ローンです。

 

従って、広島銀行以外にも多くの金融機関がフラット35を提供しています。フラット35は住宅ローン年収の問題も少ないと言われています。

 

フラット35では、住宅ローンの債権を住宅金融支援機構が買い取ります。

 

買い取られた債権は、証券化されて投資家に発行されます。

 

投資家から集めた資金によって、住宅ローンを超長期固定金利としながら比較的低金利で提供する仕組みが成り立っています。

 

 

〈ひろぎん〉住宅ローン「フラット35」では、申込時の年齢が満70歳未満で、完済時の年齢が満80歳未満という年齢条件が課せられています。

 

融資金額の使途は、自らが住居したり、親族が住居したりするための住宅を取得するまたは、他の金融機関で組んでいる住宅ローンを借り換えるなどが認められています。

 

 

借入金額は、最高8000万円です。

 

但し、対象物件が1億円以下であること、住宅の建設費または購入金額の90%以内という条件がついています。

 

また、総返済負担率については、年収400万円未満の場合は30%以下、年収400万円以上の場合には35%という制限が課せられています。

 

これらの制限は、広島銀行の一般的な住宅ローンよりもやや厳しい条件となっています。

 

 

また、融資の対象となる住宅にも、いろいろと条件が課せられています。

 

住宅の床面積は、1戸建住宅の場合70m2以上、マンションの場合30m2以上である必要があります。

 

中古住宅の場合には、建築年数が2年を超えていて、人が住んでいたことがあるという条件も加わります。

 

さらに、住宅の安全性、居住性、耐久性について住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合する住宅である必要があり、所定の審査に合格しなければなりません。

 

 

フラット35では、一般の住宅ローンのように保証料を支払う必要がありません。

 

保証会社が通常行う業務は基本的に住宅金融支援機構自身が行うことになります。

 

 

また、住宅金融支援機構が定めているルールとしては、団体信用生命保険への加入は任意となっていますが、〈ひろぎん〉住宅ローン「フラット35」の場合は、原則として団体信用生命保険へ加入することとなっています。

 

なお、一般の住宅ローンでは、団体信用生命保険の保険料は金融機関側が負担しますが、フラット35の場合には、保険料をローム債務者自身が支払う必要があります。

 


住宅ローンの関連サイトはこちら

住宅ローン年収目安は?何倍まで借入可能?【審査通る収入割合】
住宅ローンは年収の何倍が適正なのか?
様々な条件をシミュレーション。年収と住宅ローンの関係を公開しています。
xn--o9j1osa9a3643apwf4qo1vf.com/