広島銀行住宅ローン

広島銀行住宅ローンに必要な諸経費とは?

こちらでは、

 

広島銀行の住宅ローンに必要となる諸費用についてみてみましょう。

 

 

住宅を取得する場合、土地や建物の代金を支払うことは当然ですが、それ以外にも様々な費用が必要になります。

 

それらの費用は、一般に諸費用と呼ばれます。住宅ローンを組む場合には、住宅ローンに固有の諸費用が必要になります。

 

 

金融機関によっては、住宅ローンに関連してどの程度の諸費用が必要になるかを、ローンシミュレーションのWEBサイトなどで見積もってもらえるサービスがあります。

 

広島銀行では、ローンシミュレーションのWEBサイトで月々の返済額がどの程度必要となるかをシミュレーションすることができますが、ローンの諸費用の見積りは表示されません。

 

 

そこで、広島銀行が提供している住宅ローンの商品説明書や一般の金融機関の諸費用例から、広島銀行の住宅ローンに諸費用がどの程度必要となるかを見積もってみます。

 

モデルケースとして、

借り入れ金額を3000万円、返済期間を35年とした「スーパー住宅ローン」を組んだ場合

を仮定します。

 

 

 

印紙税


 

住宅ローンを組むためには、金銭消費貸借契約書という契約書を取り交わす必要がありますが、ローン金額に応じて、印紙税を納税しなければなりません。

 

ローン金額が1000万円から5000万円の場合には、印紙税額は金融機関によらず2万円となっています。

 

 

事務手数料


 

住宅ローンを締結する際、事務手数料として、5万2500円を事務手数料として広島銀行へ支払わなければなりません。

 

 

保証料


 

広島銀行の住宅ローンでは、ひろぎん保証(株)による保障を受けます。

 

住宅ローンの保障を受けることによって、2名以上の収入を合算する場合を除いて、住宅ローンの連帯保証人を探す必要はなくなります。

 

その対価として、保証料を支払わなければなりません。

 

保証料は、住宅ローンの借り入れ金額や返済年数、保証会社による審査結果などによって、保障会社側が決定します。

 

ひろぎん保証では、モデルケースの場合、69万3000円(保障料率0.2%)〜86万6250円(保障料率0.25%)程度の保証料を支払う必要があります。

 

 

担保設定費用(登録免許税・司法書士報酬・謄本等)


 

土地や住宅を購入した時には、一般に引渡しを受けると同時に登記を行います。

 

この時に登録免許税を支払う必要があります。

 

また、登記を代行してもらうために司法書士報酬を支払わなければなりません。

 

これらの一連の税金や報酬などの見積りは、広島銀行の商品説明書には明記されていませんが、一般的には、15万円程度だと思われます。

 

 

以上の費用を合計すると、諸費用として91万5500円程度以上必要となるものと思われます。

 


つなぎ融資・諸費用に関するリンク集

つなぎ融資とは住宅ローンが実行されるまで他のローンを借り入れる融資のこと。なぜそのようなシステムが必要なのかを簡単に説明すると、フラット35など多くの住宅ローンは建築中の住宅が完成するまで融資が実行されません。つまり、家が完成しなければ金融機関は実際にお金を貸してくれないのです。 つなぎ融資はその名前の通り、長期間ではなくつなぎとして借り入れるものですが、金額が大きいため、短期間の借り入れでもその利息はばかになりません。時には数十万円の余計なお金が必要になることもあるんだそうです。そういった無駄な出費を防ぐためにも、つなぎ融資について少し勉強しておいたほうが良いんじゃないかと思います。そんなつなぎローンの勉強ができるのがこちらのサイトです。